スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 医療独自の「番号制」に反対 厚労省にパブコメ提出

医療独自の「番号制」に反対 厚労省にパブコメ提出

 厚労省は2012年9月18日、「医療等分野における情報の利活用と保護のための環境整備のあり方に関する報告書」を公表。共通番号制とは異なる医療等分野の独自の番号(医療等ID)と情報連携基盤(医療等中継DB)の構築を焦点に、医療等情報の利活用の必要性を色濃く提示している。厚労省は本報告書に対するパブリックコメントを実施。更なる検討を重ね、来年の通常国会での法案提出を目指すとしている。

 これに対し神奈川県保険医協会・医療情報部は2012年10月17日にパブリックコメントを提出し問題点を指摘。プライバシー侵害や医療市場化等に繋がる「医療等ID」、「医療等DB」の導入に反対するとともに、医療等分野の個人情報保護法の制定を優先すべきとの見解を示した。

(神奈川県保険医新聞2012年11月5日号より抜粋)