スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. お知らせ
  4. 反核医師の会より、10/4講演会に参加された皆さまと関係者の方々へのお礼とご報告

反核医師の会より、10/4講演会に参加された皆さまと関係者の方々へのお礼とご報告

 この度は、2014年10月4日(土)に神奈川県保険医協会会議室にて、ジャーナリスト・元沖縄タイムス論説委員の屋良朝博氏による講演会『オスプレイ・辺野古移設は、なぜ強行されるのか 沖縄米軍基地にみる日米安保の真実 “抑止力”という名に隠された危険』の開催にあたり、参加、宣伝や後援などご協力頂きまして誠にありがとうございました。お蔭さまで18名の皆様にご参加いただきました。

 

 今回の講演会では、参加費(1人500円)全額を、沖縄反基地市民運動へ支援カンパとして寄付することとご案内致しておりました。

 つきましては、参加費総額9,000円と、そして当核戦争防止神奈川県医師の会より団体カンパ11,000円を合わせた20,000円を、沖縄県高江でヘリパッド基地建設反対の活動をしている「ヘリパッドいらない住民の会」へ10月17日付で寄付いたしましたことを、ここに謹んでご報告致します。

 

 核戦争防止神奈川県医師の会では、今後ともヒバクシャ支援をはじめ、核廃絶、世界の恒久平和の実現をめざし、市民の皆様と連帯して活動を続けて行く所存です。

 今後とも、本会活動に対するご支援・ご協力をお願い致します。

 この度はご協力ありがとうございました。

2014年10月20日

核戦争防止神奈川県医師の会

代表世話人 齋藤 三朗