スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 「胃ろうへの考え方変わった」 川崎支部 医科歯科連携研究会を開催

「胃ろうへの考え方変わった」 川崎支部 医科歯科連携研究会を開催

20130824.jpg 神奈川県保険医協会・川崎支部は2013年8月24日、「在宅高齢者の胃ろう」をテーマに第6回医科歯科連携研究会を開催。講師はNPO法人多摩胃瘻ネットワーク理事長の宮脇誠氏が務め、19名が参加した。

 氏は「胃ろうが不要となればカテーテルを外し、その日から経口摂取が可能」、「鼻腔栄養、点滴に比べ管理面でも胃瘻が安全」と胃ろうの優位性を強調。

 参加者からは「胃ろうへの考え方が変わった」等の感想が寄せられ、好評を博した。

(神奈川県保険医新聞2013年11月25日号より抜粋)