スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 病医院の消費税問題テーマに経営研究会を開催 消費税訴訟の原告が講演

病医院の消費税問題テーマに経営研究会を開催 消費税訴訟の原告が講演

20120721.jpg 神奈川県保険医協会・税対経営部は2012年7月21日、「正念場を迎える病医院の消費税問題 消費税訴訟に触れて」をテーマとした医院経営セミナーを開催。講師に消費税訴訟の原告として立ち上がった尼崎中央病院理事長(兵庫県民間病院協会副会長)の吉田静雄氏を招き、6月に結審、10月16日判決を迎える中で消費税訴訟について講演した。当日はマスコミ、国会議員関係者など25名が参加した。

 吉田氏からは訴訟での国側の主張が、「医療保険への消費税非課税について、医療機関の実質的負担はあるが、非課税のため法的負担は発生していない。法的負担が無いことは憲法に違反していない。多少の負担は、厚生労働大臣の裁量の範囲内である」であったと報告。また、当日出席した医療ジャーナリストの田辺功氏(元朝日新聞記者)から諸外国の医療の消費税の事例を紹介。「確かに諸外国では非課税とされているが、実質的な控除対象外消費税は発生していない」など指摘もなされた。

(神奈川県保険医新聞2012年8月25日号より抜粋)