スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 公明党神奈川県議団との懇談 総合特区問題・准看護師養成廃止問題に「思いは共通」

公明党神奈川県議団との懇談 総合特区問題・准看護師養成廃止問題に「思いは共通」

20120718.jpg 神奈川県保険医協会は2012年7月18日、次年度の予算要求で公明党神奈川県議団と懇談。県議団からは野寺慎一郎政務調査会会長、渡辺ひとし・西村くにこ両政務調査会副会長が出席した。

 要求項目は先に行われた自民党との懇談と同様。公明党県議団からは「特区に関連した臨床試験の度外視」について質問、協会から現行の高度医療評価制度で臨床試験・臨床研究の段階の実験的な医療にまで保険財源が利用されていることを例示し、特区では更なる規制緩和が行われる危険性があると解説した。

 懇談の最後、司会を務めた西村氏は「思いは共通している。具体的なことはこれから考えていきたい」と会を締めくくった。

(神奈川県保険医新聞2012年8月25日号より抜粋)