スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 第16回医療・健康フェスティバル 窓口負担「ゼロ」市民の9割が望む 過去最高の1300名超が参加

第16回医療・健康フェスティバル 窓口負担「ゼロ」市民の9割が望む 過去最高の1300名超が参加 

20111010.JPG 神奈川県保険医協会は2011年10月10日、毎年恒例の医療・健康フェスティバルを新都市プラザにて開催。16回目となる今回はメインテーマを「目指そう!窓口負担『ゼロ』の社会」とした。当日は延べ1000名以上の市民が会場を訪れた。

 今年も医療問題クイズコーナーを設置。窓口負担の諸外国との比較、医療費負担割合について問題を用意し、医療政策の現状を“知ってもらう”活動を展開。恒例の医科・歯科無料相談コーナーに加え、今回は県臨床衛生検査技師会協力の下、血糖測定コーナーを数年ぶりに設置した。

 会場はどの企画も列が途切れることなく大盛況。ゼロの会への賛同依頼や社会保障・税一体改革への署名活動も旺盛に展開し、市民に“ゼロ”の必要性や一体改革の危険性を説明。会場の至る所で市民が頷きながら“ゼロ”賛同に応じる姿が多く見受けられた。

 

神奈川県保険医新聞より抜粋

(2011年10月25日号・第1839号)