スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 金子洋一議員と懇談 負担「ゼロ」基本、徐々に負担引き下げを 国会行動

金子洋一議員と懇談 負担「ゼロ」基本、徐々に負担引き下げを 国会行動

国会行動 神奈川県保険医協会・医療運動部会は2011年5月19日、国会行動を実施。当日は金子洋一議員(参・民)と懇談した。

 協会からは、(1)被災医療機関への助成金の支給、対象の拡大、(2)介護保険の負担軽減・給付拡大、(3)診療報酬・介護報酬改定の延期―などを要請。金子議員は、助成金は早期に対応したい。受診時定額負担制度も出ているが、窓口負担は基本「ゼロ」が好ましい、徐々に負担軽減したいと発言。また改定延期の要望についても一定の理解が得られた。

 

神奈川県保険医新聞より抜粋

(2011年6月15日号・第1827号)