スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 歯科医療の危機打開を 保団連・歯科全国交流集会

歯科医療の危機打開を 保団連・歯科全国交流集会

 11月1日、全国保険医団体連合会(保団連)は保団連会議室とWEB参加の併用で、第16回歯科全国交流集会を開催、全国から170名が参加し、当会からは馬場副理事長と稲木理事が参加した。

 集会では、各協会・医会から、新型コロナ感染拡大による歯科医療の影響と対応について、次期診療報酬改定に向けて、金パラ「逆ザヤ」問題の解消について―などを中心に発言がなされ活発な意見交換がなされた。当会からは馬場副理事長が、高齢者の窓口負担2倍化阻止を掲げた「75歳以上の医療費窓口負担2割化反対!10・1Reスタート集会」を、10月1日に多くの団体と共同で開催したことを紹介し、このコロナで患者も経済苦の中、必要な受診を奪う負担増に強く抗議し連帯を訴えた。

(神奈川県保険医新聞2020年11月25日号より抜粋)