スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 現場知る講師、蓄積したポイントを教授 経営研究会

現場知る講師、蓄積したポイントを教授 経営研究会

0616keiei.jpg

 税対経営部は6月16日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて関心が高まっている「雇用調整助成金」の申請に関するセミナー・相談会を緊急開催。講師は社会保険労務士法人HRビジネスマネジメントより社会保険労務士の菅原由紀氏と木暮敏洋氏が務め、27名が参加した。

 雇用調整助成金は当初、手続きの煩雑さから敬遠されがちで、申請件数が伸び悩んだ。その後、手続きの簡素化が進んだことから、「雇用調整助成金支給申請マニュアル」をもとに解説。木暮氏は労働局にも何度も足を運び手続きを進めた経験を踏まえ、「雇用調整助成金申請書」、「休業実績一覧表」、「支給要件確認申立書」の3種類の記入方法を紹介した。参加者からは事情を踏まえた質問が噴出。終了後も講師への質問は長時間に及んだ。

(神奈川県保険医新聞2020年7月15日号より抜粋)