スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 新型コロナウイルスの問題で、神奈川新聞に協会副理事長の山本晴章先生(医科)、協会理事の竹下義仁先生(歯科)の取材記事が掲載されました

新型コロナウイルスの問題で、神奈川新聞に協会副理事長の山本晴章先生(医科)、協会理事の竹下義仁先生(歯科)の取材記事が掲載されました

 新型コロナウイルスの感染拡大による開業医・開業歯科医の経営危機問題について、神奈川新聞は4月22日、「開業医 使命と不安」との主見出しで、保険医協会・副理事長の山本晴章先生の取材記事を掲載しました。

 記事では、感染リスクの不安を抱えつつ、感染リスクの不安を抱えつつも、「地域の人たちの健康を守るため、自分が感染源にならないよう注意しながら、全力で頑張るしかない」と自らを奮い立たせ、診療を続ける山本先生の思いなどが綴られています。また、協会の会員アンケートの結果にも触れられています。

 

 また、神奈川新聞は4月26日、「歯科医院も経営危機」との主見出しで、保険医協会・理事の竹下義仁先生の取材記事を掲載。定期健診を中心に予約のキャンセルが急増し患者数が半減した実態や、マスクや手袋などの医療用物質の不足が深刻化している現状が切々と語られています。

 

20200422-kanaroko.jpg

 

20200426-kanaroko.png