スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 在宅医療の基礎から応用まで 在宅医が経験交え解説 保険診療対策部

在宅医療の基礎から応用まで 在宅医が経験交え解説 保険診療対策部

20181023.jpg

 神奈川県保険医協会・保険診療対策部は2018年10月23日、西公会堂で在宅医療点数研究会を開催、会員や医療事務スタッフなど243名(121医療機関)が参加した。

 講習会では、2018年秋に発行された「在宅医療点数の手引」を用いて、往診と訪問診療の違いなどの基礎知識から、在宅医療の主要点数である「在医総管」、在宅自己注射や在宅酸素等の個別の指導管理料まで幅広く解説。併せて、自身の在宅医療での経験談等を交え、より実践的・具体的な算定ルールの解説に努めた。

(神奈川県保険医新聞2018年11月5日号より抜粋)