スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 病院の適調対策 具体的事例を挙げた管理・対策が好評 適時調査対策講習会

病院の適調対策 具体的事例を挙げた管理・対策が好評 適時調査対策講習会

20180914.jpg

 神奈川県保険医協会・保険診療対策部は2018年9月14日、病院に対する適時調査対策を主眼とした学習会を開催、15医療機関20名が参加。講師は、京都府保険医協会・事務局長の花山弘氏が務めた。

 花山氏は京都府の適時調査の例を基に、適調における事前準備のポイント、当日の対応方法等を独自のスライドと新刊テキスト「届出医療の活用と留意点」を基に解説。適調は「いかに自主返還につながる指摘を受けないか」が最重要ポイントであり、入院料等の人員・要員管理の徹底を強調した。

 また当会事務局より、県内における今年度の適調の計画と昨年度の指摘事項を紹介した。

(神奈川県保険医新聞2018年10月5日号より抜粋)