スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 相模原支部研究会 慢性腎臓病の治療のコツを伝授

相模原支部研究会 慢性腎臓病の治療のコツを伝授

 神奈川県保険医協会・相模原支部は2018年6月28日、「慢性腎臓病患者の病態と診療のコツ」をテーマに研究会を開催、相模大野内科・腎クリニック 院長・鎌田貢壽氏(相模原市開業)が講師を務め、医師、歯科医師など19名が参加した。

 講演では、慢性腎臓病(CKD)の病態((1)高血圧、(2)貧血、(3)高尿酸血症、(4)高血糖・糖尿病、(5)高窒素血症)をはじめ、CKDの"貧血""高尿酸血症""糖尿病性腎臓病"など各症状における治療のコツやポイントを解説。

 氏は、治療技術の進歩により食事療法、体重管理の実施、血圧、血糖、尿酸値などすべての正常化により、腎疾患の治癒が望めると強調した。

(神奈川県保険医新聞2018年7月15日号より抜粋)