スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 医療情報部 県庁記者クラブで会見 NHKが高い関心 マイナンバー記載は不要 余計な混乱の種

医療情報部 県庁記者クラブで会見 NHKが高い関心 マイナンバー記載は不要 余計な混乱の種

20170208.jpg

 神奈川県保険医協会・医療情報部は2017年2月8日、県庁記者クラブにて、現在取り組んでいる住民税決定通知書へのマイナンバー不記載を求める運動について記者会見を行った。当日は県知事の予算説明と重なったが、朝日、読売、神奈川の各新聞社、NHK、TVKなどマスコミ5社が参加。

 会見では、田辺医療情報部長より、自治体調査で7割が総務省の通知どおり「記載する」と、国のいいなりであること、医療機関はじめ事業者側が一方的に従業員のマイナンバーを知る立場となり、保管管理義務が重くのしかかること、従業員のプライバシー侵害や労使関係に与える影響の懸念を詳述。

 質疑応答は長時間にわたり、会見は1時間近くに及んだ。NHKからは会見2日前に電話照会が入るなど、マスコミの関心の高さがうかがえた。

 会見終了後には、田辺部長らが県議会各会派に理解を求め訪問し、説明をおこなった。

(神奈川県保険医新聞2017年2月25日号より抜粋)