スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 横浜支部研究会 大規模災害時の医療機関としての備えを解説

横浜支部研究会 大規模災害時の医療機関としての備えを解説

20160905.jpg

 神奈川県保険医協会・横浜支部は2016年9月5日、「医療機関が講じるべき大規模災害対策」と題した研究会を開催。横浜市港北区医師会災害医療担当副理事長の鈴木悦朗氏が講師を務め、55名が参加した。
 鈴木氏は冒頭、政府の調査結果を提示し、「横浜市が大地震に見舞われる確率は非常に高い」と警鐘。その上で、首都直下型地震が発生した場合の被害想定や、横浜における大規模災害時の医療体制、医療機関としての備え等を解説した。

(神奈川県保険医新聞2016年11月5日号より抜粋)