スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. マイナンバーもカードもいらない!違憲訴訟で世論喚起を 共通番号いらないネット 全国集会

マイナンバーもカードもいらない!違憲訴訟で世論喚起を 共通番号いらないネット 全国集会

20151212-4.jpg

 神奈川県保険医協会が参加・協力する「共通番号いらないネット」は2015年12月12日、御茶ノ水の連合会館にて「マイナンバー制度の廃止を求める12・12集会」を開催。全国から280名が参加した。

 集会ではマイナンバー違憲訴訟・東京弁護団の瀬川宏貴弁護士が、同訴訟の請求趣旨や論理等について説明。個人情報の漏洩やなりすまし犯罪、一元管理による監視強化など、プライバシー権の侵害のみならず、人格的自律権をも侵害すると指摘し、訴訟への支援を呼びかけた。

 また医療代表として藤田理事が発言し、個人番号カードと保険証の一元化は設備費用の負担など、恩恵を受けない末端に面倒を押し付ける仕組みだと強調した。

 最後に、制度の運用延期、抜本的見直し等を求める集会宣言を採択した他、(1)個人番号カードを申請・所持しない、(2)行政窓口等でマイナンバーを教えない・書かない―を周知していく運動方針を確認した。

(神奈川県保険医新聞2015年12月25日号より抜粋)