スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 松田町議会がマイナンバー制度実施の中止で国へ意見書提出 協会陳情実る!

松田町議会がマイナンバー制度実施の中止で国へ意見書提出 協会陳情実る!

 神奈川県保険医協会が県下自治体に提出したマイナンバーの中止「意見書」陳情に関し、2015年9月3日、松田町議会が陳情を採択、「マイナンバー制度実施の中止又は延期を求める意見書」を国に提出した。

 意見書では個人情報の集積による攻撃の危険、漏洩・流出時の被害の甚大さ、必要性へ疑問を説き、施行・運用の中止等を要請している。採択は県内では初。なお、この間、横須賀、藤沢、大和、二宮、小田原、大磯の4市2町で趣旨説明を行ったものの不採択となっている。

 全国的には長岡京市(6/23京都府)、豊明市(6/29愛知県)、唐津市(6/24佐賀県)、狛江市(7/2東京都)などから意見者が国へ提出されている。

(神奈川県保険医新聞2015年8月25日・9月25日号より抜粋)