スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 政府・企業から一方的に選別される社会が目前に シリーズ講座「マイナンバーを斬る」第一弾を開催 医療情報部

政府・企業から一方的に選別される社会が目前に シリーズ講座「マイナンバーを斬る」第一弾を開催 医療情報部

20150410.jpg

 神奈川県保険医協会・医療情報部は共通番号制の2015年10月施行、2016年1月の運用阻止に向け、会員、市民への問題提起を目的にシリーズ講座「マイナンバーを斬る」を企画。その第一弾として2015年4月10日、自治体情報政策研究所・代表の黒田充氏を講師に迎え、「マイナンバーの目的は何か、社会をどう変えるのか」と題し講演を開催、会員、市民、マスコミなど34名が参加した。

 黒田氏は様々な個人情報を正確・迅速に集約する道具がマイナンバーであり、政府・企業が都合よく活用し、国民は個人情報の分析等により一方的に選別される社会が迫っていると警鐘を鳴らした。

(神奈川県保険医新聞2015年5月5・15日号より抜粋)