スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 国会行動 議員4名と懇談 医療改革法案廃案へ尽力要請 医療運動部会

国会行動 議員4名と懇談 医療改革法案廃案へ尽力要請 医療運動部会

20150319.jpg

 神奈川県保険医協会・医療運動部会は、医療保険制度改革関連法案、医療法改正案が今国会で審議されることを受け、2015年3月19日に国会行動を実施。当日は、笠浩史(衆・民)・畑野君枝(衆・共)・牧山弘恵(参・民)・田村智子(参・共)―各議員と懇談。

 懇談では、(1)患者申出療養の創設撤回、(2)入院時食事療養費の段階的引き上げや、紹介状なしの大病院受診への定額負担義務化撤回、(3)地域医療連携推進法人の問題点の明確化―等への尽力を要請。また、紹介議員を受諾した有田芳生(参・民)議員の秘書に対し、「新たな患者負担増をやめ、窓口負担の大幅軽減を求める請願」署名2,789筆を提出した。

 なお当日は、保団連も参加する「いのちまもるヒューマンチェーン会議」が主催する「安全・安心の医療を」国会内集会を開かれ、約250 人が参加。自民、民主、維新など計15人の衆参国会議員が参加した。

(神奈川県保険医新聞2015年4月5日号より抜粋)