スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. プログラム法案の廃案で国会行動 患者署名に紹介議員3名 島村参議員とも懇談

プログラム法案の廃案で国会行動 患者署名に紹介議員3名 島村参議員とも懇談

20131128.jpg 神奈川県保険医協会と全国保険医団体連合会(保団連)は2013年11月28日、社会保障改革の「全体像」と「進め方」を定めた「プログラム法案」の廃案を求め国会行動を行い、70〜74歳の2割負担反対の患者署名4,438筆(協力134会員)を提出した。

 当日は、阿部知子(衆・無)、金子洋一(参・民)、田村智子(参・共)の3名が紹介議員を応諾。懇談で金子議員は2割負担による受診抑制への懸念を表明、また島村大(参・自)議員へはプラス改定を要望した。

 また、国会行動に先立ち行われた「保険で良い歯科医療の実現を求める国会集会」には、国会議員を含む130名が参加した。

(神奈川県保険医新聞2013年12月15日号より抜粋)