スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 第33回糖尿病セミナー 糖尿病腎症の進展阻止テーマに 564名が参加

第33回糖尿病セミナー 糖尿病腎症の進展阻止テーマに 564名が参加

20170211.jpg

 神奈川県保険医協会・研究部は2017年2月11日、「糖尿病性腎症の進展阻止を目指して」をメインテーマに、第33回糖尿病セミナーを開催。医師、看護師、薬剤師、栄養士など564名が参加した。

 特別講演では「糖尿病と糖尿病性腎症の克服(金沢医科大学 糖尿病・内分泌内科学・教授 古家 大祐氏)」、「地域における糖尿病重症化予防の取り組み(市立八幡浜総合病院・医療情報管理部長 酒井 武則氏)」をテーマに講演。生活習慣の改善及び投薬による血糖管理や、「八幡浜市糖尿病サポーター制度」、JMAP方式による糖尿病性腎症の重症化予防の取り組みについて具体的に説明した。

 その後のレクチャーでは、世話人4名が「eGFRの見方」、「糖尿病患者におけるpolypharmacy」、「最近のインスリン製剤とその使い方」、「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」をテーマに、それぞれ症例を提示しながら、臨床に即した目線で解説するなど、明日からの診療に役立つ内容が詰まったセミナーとなった。

(神奈川県保険医新聞2017年2月25日号より抜粋)