スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. マイナンバー詐欺事件等で注意喚起 「カードは申請しない」を呼び掛け 署名324筆集約 医療情報部

マイナンバー詐欺事件等で注意喚起 「カードは申請しない」を呼び掛け 署名324筆集約 医療情報部

20151115.jpg

 神奈川県保険医協会・医療情報部は2015年10月9日、「マイナンバー対策ニュース」をFAXで送付。5日のマイナンバー施行直後から、制度を悪用した詐欺事件や不審電話等が多発していることを受け、会員に向けて注意喚起。当面の対応として、世帯ごとに送られてくる「通知カード」は大事に保管すること、個人番号カードの交付申請はしないこと―を会員・従業員向けに呼び掛けた。

 また、制度の問題点等を指摘し、セットで送付した署名への協力を求めた。署名は1カ月足らずで324筆を集約。「ひと言・意見欄」への記載は129筆もあり、情報漏洩の不安、医療機関への過度な負担強要の憤り等が連綿と綴られている。

 

(神奈川県保険医新聞2015年10月25日・11月25日・12月5日号より抜粋)