スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 神奈川県保険医協会とは
  3. 保険医協会活動ニュース
  4. 第19回医療・健康フェスティバルに市民1,499名 6割弱が窓口負担ゼロを希望

第19回医療・健康フェスティバルに市民1,499名 6割弱が窓口負担ゼロを希望

20151103.jpg

 神奈川県保険医協会は2015年11月3日、「第19回医療・健康フェスティバル」を横浜そごう前・新都市プラザにて開催。医科歯科の健康相談、血管年齢測定、口腔内細菌数測定、医療問題クイズを実施した。当日は、秋晴れのなか、約1,500名の市民が参加。

 特に血管年齢測定は毎回大人気の企画で、今回も終始参加者が列を作った。また、新企画として「ちびっこ写真館」を実施。白衣を身にまとい、ゼロの会キャラクターの着ぐるみに大喜びで聴診器をあてる姿を家族が写真撮影。会場は和気藹々とした雰囲気となった。当日医療問題クイズとあわせて実施したアンケートでは、全体の56%が窓口負担ゼロを希望。また87%が1割以下の窓口負担を求めた。

(神奈川県保険医新聞2015年11月25日号より抜粋)