保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

学術・研究特設サイト

TOP > 学術・研究特設サイト > 学術研究費 補助金公募事業 > 第9回 学術研究費補助金公募事業のご案内(締切:2021年10月15日)

第9回 学術研究費補助金公募事業のご案内(締切:2021年10月15日)

日常診療の疑問 臨床研究で解明しませんか?30万円まで助成します!

 会員の先生方が取り組まれる研究は、多くがフィールドワークになると思います。学校検診をされている先生、産業医として活躍されている先生、日常診療で疑問に思うことを研究対象に選んでみてはいかがでしょうか。ぜひとも多くの研究をご応募ください!

 


 

第9回神奈川県保険医協会学術研究費補助金公募事業のご案内

 協会学術部では、各種学会での発表、学術誌への投稿等の臨床研究活動に積極的に取り組んでいます。その活動の一つとして、会員の皆様が臨床研究に取組めるよう、2005年から2年ごとに研究計画を募集し、30万円を上限に研究費の助成事業も行っています。今回は9回目の募集となりました。応募に際し「使うべき統計手法について」など応募前のご相談や、「研究実施計画書(プロトコル)の作成について」など研究実施に向けた支援も行います。これから取り組みたいと考えている臨床研究を是非ご応募ください。

 なお募集は、2021年10月15日(金)まで行います。

 

応募から研究開始までの流れ

(1)まずは協会学術部までお問い合わせください。

(2)協会事務局から申請に必要な書類をお送りいたします。

(3)ご希望の先生には、協会担当部署の事前相談会を実施いたします。

(4)研究計画の内容や必要事項を記入いただいて、協会までお送りください。

(5)書類審査、面接審査の後、採否のご連絡をいたします。

(6)採用が決まりましたら、保険医協会倫理審査委員会での審査を行います。

(7)倫理審査委員会で実施の承認が取れてようやく研究開始となります。

 

お問い合せ:学術部 045-313-2111

 


 

募集要項概要

(1)応募対象者

  • 神奈川県保険医協会会員(神奈川県保険医協会理事・役員、研究部員・学術部員は除きます)

(2)募集テーマ

  • 神奈川県保険医協会における学術研究の振興や、国民医療・福祉の向上に貢献できるテーマであること。

  • 独創性・新規性・発展性をもち、社会的要請の高い研究であること。

  • 未発表の研究であること。

  • 営利性を伴わないもの。

  • 倫理性・安全性に十分な配慮をもった研究であること。

  • 国、その他の団体から研究費の助成を受けていない研究であること。

※ 但し、ヒトゲノム・遺伝子解析を含む研究、臨床研究法で定められる特定臨床研究は採択しない

(3)募集期間

  • 2021年6月8日(火)~10月15日(金)(消印有効)

(4)審査

  • 書類審査:2022年2月

  • 面接審査:2022年3月(予定)

(5)採択発表

  • 2022年5月

(6)採択課題数

  • 1件

(7)助成内容・研究期間

  • 研究費の助成(上限額30万円)、研究期間は最大2年間。

(8)その他

  • 研究課題採用後、倫理審査が必要とされる研究は、神奈川県保険医協会倫理審査委員会で審議を受けて頂きます。また研究成果は、全国保険医団体連合会の医療研究フォーラムにて発表を行って頂きます(いずれの経費も別途、協会より補助があります)。

 

過去の採用テーマ

第1回:「NLPの有効性を患者満足度および臨床データから検証する」

第2回:採用課題無し

第3回:「帯状疱疹とスタチン-スタチンは帯状疱疹の誘因に成り得るか?或いは増悪因子か?」

第4回:「パーキンソン病の認知機能障害と血清ホモシステイン濃度との関連」

第5回:採用課題なし

第6回:「歯科診療時の高血圧検出のための初診時血圧測定に関する研究」

第7回:「各種肝疾患からの肝癌発生における"リスク因子としての肝硬変症"の重要性に関する統計学的研究」

第8回:「径2cm以下の小肝癌の拾い上げに日常のAFP、PIVKA-Ⅱはどの程度有効か」

 

ダウンロードはこちら

 

日常診療の疑問 臨床研究で解明しませんか?30万円まで助成します!

 会員の先生方が取り組まれる研究は、多くがフィールドワークになると思います。学校検診をされている先生、産業医として活躍されている先生、日常診療で疑問に思うことを研究対象に選んでみてはいかがでしょうか。ぜひとも多くの研究をご応募ください!

 


 

第9回神奈川県保険医協会学術研究費補助金公募事業のご案内

 協会学術部では、各種学会での発表、学術誌への投稿等の臨床研究活動に積極的に取り組んでいます。その活動の一つとして、会員の皆様が臨床研究に取組めるよう、2005年から2年ごとに研究計画を募集し、30万円を上限に研究費の助成事業も行っています。今回は9回目の募集となりました。応募に際し「使うべき統計手法について」など応募前のご相談や、「研究実施計画書(プロトコル)の作成について」など研究実施に向けた支援も行います。これから取り組みたいと考えている臨床研究を是非ご応募ください。

 なお募集は、2021年10月15日(金)まで行います。

 

応募から研究開始までの流れ

(1)まずは協会学術部までお問い合わせください。

(2)協会事務局から申請に必要な書類をお送りいたします。

(3)ご希望の先生には、協会担当部署の事前相談会を実施いたします。

(4)研究計画の内容や必要事項を記入いただいて、協会までお送りください。

(5)書類審査、面接審査の後、採否のご連絡をいたします。

(6)採用が決まりましたら、保険医協会倫理審査委員会での審査を行います。

(7)倫理審査委員会で実施の承認が取れてようやく研究開始となります。

 

お問い合せ:学術部 045-313-2111

 


 

募集要項概要

(1)応募対象者

  • 神奈川県保険医協会会員(神奈川県保険医協会理事・役員、研究部員・学術部員は除きます)

(2)募集テーマ

  • 神奈川県保険医協会における学術研究の振興や、国民医療・福祉の向上に貢献できるテーマであること。

  • 独創性・新規性・発展性をもち、社会的要請の高い研究であること。

  • 未発表の研究であること。

  • 営利性を伴わないもの。

  • 倫理性・安全性に十分な配慮をもった研究であること。

  • 国、その他の団体から研究費の助成を受けていない研究であること。

※ 但し、ヒトゲノム・遺伝子解析を含む研究、臨床研究法で定められる特定臨床研究は採択しない

(3)募集期間

  • 2021年6月8日(火)~10月15日(金)(消印有効)

(4)審査

  • 書類審査:2022年2月

  • 面接審査:2022年3月(予定)

(5)採択発表

  • 2022年5月

(6)採択課題数

  • 1件

(7)助成内容・研究期間

  • 研究費の助成(上限額30万円)、研究期間は最大2年間。

(8)その他

  • 研究課題採用後、倫理審査が必要とされる研究は、神奈川県保険医協会倫理審査委員会で審議を受けて頂きます。また研究成果は、全国保険医団体連合会の医療研究フォーラムにて発表を行って頂きます(いずれの経費も別途、協会より補助があります)。

 

過去の採用テーマ

第1回:「NLPの有効性を患者満足度および臨床データから検証する」

第2回:採用課題無し

第3回:「帯状疱疹とスタチン-スタチンは帯状疱疹の誘因に成り得るか?或いは増悪因子か?」

第4回:「パーキンソン病の認知機能障害と血清ホモシステイン濃度との関連」

第5回:採用課題なし

第6回:「歯科診療時の高血圧検出のための初診時血圧測定に関する研究」

第7回:「各種肝疾患からの肝癌発生における"リスク因子としての肝硬変症"の重要性に関する統計学的研究」

第8回:「径2cm以下の小肝癌の拾い上げに日常のAFP、PIVKA-Ⅱはどの程度有効か」

 

ダウンロードはこちら