神奈川県保険医協会

コロナ禍での負担増阻止を 患者署名2745筆を提出 国会議員6名と懇談

20201112kokkai.jpg

 協会は11月12日、国会行動を実施。馬場副理事長、藤田・二村各理事、田中監事が参加した。この日はコロナ感染拡大の影響により提出が延期となっていた、「みんなでストップ!負担増」署名2745筆を、国会議員の紹介を取り付け提出。議員懇談では、この間の要請に加え、発熱外来補助金の不合理是正やコロナ対応・非対応含む感染流行期の外来応需の経済措置、雇用調整助成金の延長等を求めた。

(神奈川県保険医新聞2020年12月5日号より抜粋)