保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > お知らせ > 「ポリファーマシーに関する意識実態調査」の概要

「ポリファーマシーに関する意識実態調査」の概要

神奈川県保険医協会は201912月、公益社団法人神奈川県薬剤師会の協力を得て標記アンケートを実施。最終集計を行ったので、概要を報告する。

 

【調査の概要】

名称

ポリファーマシーに関する意識実態調査

目的

超高齢社会を迎える中で問題とされるポリファーマシー(多剤服用の中でも害をなすもの)について、地域医療を担う医師、薬剤師の現状の認識や実際の対応を把握し、共同した対策等の検討材料とするため実施。

期間

2019129日(月)~23日(月)の15日間

対象

  • 医師 当会医科会員のうち内科・外科・整形外科を標榜する2,448施設

  • 薬剤師 神奈川県薬剤師会の第1種会員(管理者)である2,415施設

4,863施設

方法

郵送による調査用紙の発送、回収

項目

Ⅰ)回答者の背景

Ⅱ)ガイドライン・指針の認知度やポリファーマシーへの対応

Ⅲ)薬局・クリニックの関係性

Ⅳ)処方・調剤時の確認事項

Ⅴ)薬剤の優先順位・薬剤数の減量

Ⅵ)意見・要望

回答

  • 医師 563施設(回収率23.0%)

  • 薬剤師 1,088施設(45.1%)

1,651施設(40.0%)

結果概要

調査では、医師・薬剤師ともに7割が高い対策意識を示しつつも、ガイドライン(GL)等の活用は1割未満と極めて低いと報告。専門医と違い様々な疾患に対応する開業医は全てのGLの把握が難しく、工夫と環境整備が必要だと訴えた。また減薬提案に関し、薬剤師に医師への気おくれが見られたことを受け、何より大事なのは患者の利益だとして、薬剤師からの積極的な提案も呼び掛けた。

 

【記者会見】

日時

2020年1216日(水)15001530

場所

厚生労働省19階・厚生日比谷クラブ(医療系専門誌)

出席

湯浅部長、鈴木哲WG委員、川口千佳子WG委員

記者

薬事日報、社会保険旬報、健康保険組合連合会、PHARMACY NEWSBREAK、メディファクスの計5

当日の資料

 

【学会発表】

第5回日本老年薬学会学術大会

日時

2021年515日~16

形式

Web開催(演題はオンデマンド配信)

演題

神奈川県における開業医師、薬剤師の意識実態調査‐医師と薬剤師の『ポリファーマシー』の認識の違い

発表

鈴木哲WG委員

備考

当演題は、優秀演題候補に選出

 

第36回保団連医療研究フォーラム

日時

2021年919日~20

形式

Web開催(演題はオンデマンド配信)

演題

神奈川県における開業医師、薬剤師の意識実態調査‐医師と薬剤師の『ポリファーマシー』の認識の違い

発表

山下晃平WG委員

 

神奈川県保険医協会は201912月、公益社団法人神奈川県薬剤師会の協力を得て標記アンケートを実施。最終集計を行ったので、概要を報告する。

 

【調査の概要】

名称

ポリファーマシーに関する意識実態調査

目的

超高齢社会を迎える中で問題とされるポリファーマシー(多剤服用の中でも害をなすもの)について、地域医療を担う医師、薬剤師の現状の認識や実際の対応を把握し、共同した対策等の検討材料とするため実施。

期間

2019129日(月)~23日(月)の15日間

対象

  • 医師 当会医科会員のうち内科・外科・整形外科を標榜する2,448施設

  • 薬剤師 神奈川県薬剤師会の第1種会員(管理者)である2,415施設

4,863施設

方法

郵送による調査用紙の発送、回収

項目

Ⅰ)回答者の背景

Ⅱ)ガイドライン・指針の認知度やポリファーマシーへの対応

Ⅲ)薬局・クリニックの関係性

Ⅳ)処方・調剤時の確認事項

Ⅴ)薬剤の優先順位・薬剤数の減量

Ⅵ)意見・要望

回答

  • 医師 563施設(回収率23.0%)

  • 薬剤師 1,088施設(45.1%)

1,651施設(40.0%)

結果概要

調査では、医師・薬剤師ともに7割が高い対策意識を示しつつも、ガイドライン(GL)等の活用は1割未満と極めて低いと報告。専門医と違い様々な疾患に対応する開業医は全てのGLの把握が難しく、工夫と環境整備が必要だと訴えた。また減薬提案に関し、薬剤師に医師への気おくれが見られたことを受け、何より大事なのは患者の利益だとして、薬剤師からの積極的な提案も呼び掛けた。

 

【記者会見】

日時

2020年1216日(水)15001530

場所

厚生労働省19階・厚生日比谷クラブ(医療系専門誌)

出席

湯浅部長、鈴木哲WG委員、川口千佳子WG委員

記者

薬事日報、社会保険旬報、健康保険組合連合会、PHARMACY NEWSBREAK、メディファクスの計5

当日の資料

 

【学会発表】

第5回日本老年薬学会学術大会

日時

2021年515日~16

形式

Web開催(演題はオンデマンド配信)

演題

神奈川県における開業医師、薬剤師の意識実態調査‐医師と薬剤師の『ポリファーマシー』の認識の違い

発表

鈴木哲WG委員

備考

当演題は、優秀演題候補に選出

 

第36回保団連医療研究フォーラム

日時

2021年919日~20

形式

Web開催(演題はオンデマンド配信)

演題

神奈川県における開業医師、薬剤師の意識実態調査‐医師と薬剤師の『ポリファーマシー』の認識の違い

発表

山下晃平WG委員