保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > お知らせ > 平和問題学習会(2021年10月17日開催、樋口英明氏講演)に参加された皆さまと関係者の方々へのお礼とご報告

平和問題学習会(2021年10月17日開催、樋口英明氏講演)に参加された皆さまと関係者の方々へのお礼とご報告

 この度は、20211017日(日)に神奈川県保険医協会会議室で開催した元福井地方裁判所裁判長・樋口英明氏を招いての平和問題学習会『私は、なぜ大飯・高浜原発を止めたのか』にあたり、ご参加をはじめ、宣伝などにご協力頂きまして誠にありがとうございました。お蔭さまで当日は会場参加9名ほかWebで多数ご視聴いただき、とても有意義な会となりました。

 つきましては、今回は会場参加費(1人500円)と当会のカンパを合わせて総額10,000円を、「NPO法人かながわ避難者と共にあゆむ会」の活動支援金として11月29日に寄付いたしましたことを報告いたします。

 

 東日本大震災から10年経過した現在も、避難生活を余儀なくされている方々は全国に約4万人、神奈川に約1950名おられます(2021108日現在)。同会は、神奈川近郊に避難されている方々が主体的に生き生きとした生活と笑顔を取り戻せるように活動している団体です。主に、避難者の交流・相談支援や、広報誌の発行などが行われています。

 核戦争防止神奈川県医師の会(反核医師の会)は、今後もヒバクシャ支援をはじめ、原発事故避難者支援、核兵器廃絶、世界の恒久平和の実現をめざし、市民の皆様と連帯して活動を続けて行く所存です。

 

 これからも、本会活動に対するご支援・ご協力をお願いいたします。

 この度はご協力、誠にありがとうございました。

20211129

核戦争防止神奈川県医師の会

代表世話人 山崎 恭男

 

 この度は、20211017日(日)に神奈川県保険医協会会議室で開催した元福井地方裁判所裁判長・樋口英明氏を招いての平和問題学習会『私は、なぜ大飯・高浜原発を止めたのか』にあたり、ご参加をはじめ、宣伝などにご協力頂きまして誠にありがとうございました。お蔭さまで当日は会場参加9名ほかWebで多数ご視聴いただき、とても有意義な会となりました。

 つきましては、今回は会場参加費(1人500円)と当会のカンパを合わせて総額10,000円を、「NPO法人かながわ避難者と共にあゆむ会」の活動支援金として11月29日に寄付いたしましたことを報告いたします。

 

 東日本大震災から10年経過した現在も、避難生活を余儀なくされている方々は全国に約4万人、神奈川に約1950名おられます(2021108日現在)。同会は、神奈川近郊に避難されている方々が主体的に生き生きとした生活と笑顔を取り戻せるように活動している団体です。主に、避難者の交流・相談支援や、広報誌の発行などが行われています。

 核戦争防止神奈川県医師の会(反核医師の会)は、今後もヒバクシャ支援をはじめ、原発事故避難者支援、核兵器廃絶、世界の恒久平和の実現をめざし、市民の皆様と連帯して活動を続けて行く所存です。

 

 これからも、本会活動に対するご支援・ご協力をお願いいたします。

 この度はご協力、誠にありがとうございました。

20211129

核戦争防止神奈川県医師の会

代表世話人 山崎 恭男