保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > お知らせ > 2022年 新年のご挨拶(理事長 田辺 由紀夫)

2022年 新年のご挨拶(理事長 田辺 由紀夫)

神奈川県保険医協会理事長 田辺 由紀夫

新年明けましておめでとうございます。

 

 昨年も新型コロナウイルス感染症に振り回された一年となりました。会員の皆様におかれましても、一昨年同様、様々な対応に追われた一年だったと推察します。

 そのような状況下、自粛等に伴う受診抑制が続き、医療機関の経営は厳しさを増しています。このことは、昨年11月に公表された医療経済実態調査の結果を見ても明らかです。同調査によると、2年前の前回調査と比べて医科診療所、歯科診療所、一般病院ともに損益率は悪化、前年度より損益率が下がった医科診療所、一般病院は7割を超え、歯科診療所でも6割近くに上っています。ここから考えれば、本年の診療報酬改定ではプラス改定となるのは当然のことで、厚労省も理解を示しています。一方、首相や財務省は医療社会保障費抑制の姿勢を崩しません。背景には財政規律の堅持があるからでしょうが、長期間デフレが続く今こそ財政政策により患者負担を減らし、国民の可処分所得を増やすことが景気を押し上げて、経済を活性化させる一助となるのではないでしょうか。

 

 さて、前述のように本年は診療報酬改定があります。一昨年WEB配信のみでの開催となった新点数研究会は、会場開催も行う予定です。その他の研究会・講演会等も多くの場合、会場とWEBとの併開催としています。それぞれ長所・短所があることは承知しておりますが、WEB開催の継続を望む声が多いので今後も併開催を考えております。未だ、飲食を伴う懇親会の開催は困難な状況ですが、昨年は中止となった新年会に代わり、本年は本田宏氏を講師にお迎えし講演会を開催することとしました。こちらもWEB配信を行いますので是非ご参加ください。

 

 本年もひきつづき会員の皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

神奈川県保険医協会

理事長  田辺 由紀夫

 

神奈川県保険医協会理事長 田辺 由紀夫

新年明けましておめでとうございます。

 

 昨年も新型コロナウイルス感染症に振り回された一年となりました。会員の皆様におかれましても、一昨年同様、様々な対応に追われた一年だったと推察します。

 そのような状況下、自粛等に伴う受診抑制が続き、医療機関の経営は厳しさを増しています。このことは、昨年11月に公表された医療経済実態調査の結果を見ても明らかです。同調査によると、2年前の前回調査と比べて医科診療所、歯科診療所、一般病院ともに損益率は悪化、前年度より損益率が下がった医科診療所、一般病院は7割を超え、歯科診療所でも6割近くに上っています。ここから考えれば、本年の診療報酬改定ではプラス改定となるのは当然のことで、厚労省も理解を示しています。一方、首相や財務省は医療社会保障費抑制の姿勢を崩しません。背景には財政規律の堅持があるからでしょうが、長期間デフレが続く今こそ財政政策により患者負担を減らし、国民の可処分所得を増やすことが景気を押し上げて、経済を活性化させる一助となるのではないでしょうか。

 

 さて、前述のように本年は診療報酬改定があります。一昨年WEB配信のみでの開催となった新点数研究会は、会場開催も行う予定です。その他の研究会・講演会等も多くの場合、会場とWEBとの併開催としています。それぞれ長所・短所があることは承知しておりますが、WEB開催の継続を望む声が多いので今後も併開催を考えております。未だ、飲食を伴う懇親会の開催は困難な状況ですが、昨年は中止となった新年会に代わり、本年は本田宏氏を講師にお迎えし講演会を開催することとしました。こちらもWEB配信を行いますので是非ご参加ください。

 

 本年もひきつづき会員の皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

神奈川県保険医協会

理事長  田辺 由紀夫