保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 帯同経験から見る指導・監査対策 近年の状況や傾向と対策を解説 横須賀支部研究会

帯同経験から見る指導・監査対策 近年の状況や傾向と対策を解説 横須賀支部研究会

20141118.jpg

 神奈川県保険医協会・横須賀支部は2014年11月18、日横須賀産業交流プラザで「弁護士が見た指導・監査の実際とその対策」をテーマに研究会を開催。馬車道法律事務所・大野美樹弁護士が講演した。参加は17名。

 個別指導の法的根拠と具体的な流れ、協会での対策を詳しく解説するとともに、実際の帯同経験に基づく困難事例や判例についても紹介した。質疑応答も活発に行われ、個別指導・監査に対する関心の高さが伺える研究会となった。

(神奈川県保険医新聞2014年12月25日号より抜粋)

20141118.jpg

 神奈川県保険医協会・横須賀支部は2014年11月18、日横須賀産業交流プラザで「弁護士が見た指導・監査の実際とその対策」をテーマに研究会を開催。馬車道法律事務所・大野美樹弁護士が講演した。参加は17名。

 個別指導の法的根拠と具体的な流れ、協会での対策を詳しく解説するとともに、実際の帯同経験に基づく困難事例や判例についても紹介した。質疑応答も活発に行われ、個別指導・監査に対する関心の高さが伺える研究会となった。

(神奈川県保険医新聞2014年12月25日号より抜粋)