保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 創立50周年記念「日本医療再生の懸賞論文」の「検証」高浜町の実践をマスコミ論説委が視察

創立50周年記念「日本医療再生の懸賞論文」の「検証」高浜町の実践をマスコミ論説委が視察

 神奈川県保険医協会が2013年、創立50周年記念の冠で、「日本医療再生の具体的提言」をテーマに全国から懸賞論文を公募し、高浜町国民健康保険和田診療所の医師・井階友貴氏の医療実践報告「住民-行政-医療の“和”と“輪”を拡げる理想の医療・地域づくり」が入選作に決定した。

 2014年夏、審査委員を務めた共同通信・論説委員の髙瀬髙明氏が企画し、厚労省担当・マスコミ論説・解説委員懇談会のメンバーが視察を行い、この「懸賞論文」の検証となる視察記「三位一体で育てる地域医療」が寄稿された。

(神奈川県保険医新聞2014年10月5日号より抜粋)

 神奈川県保険医協会が2013年、創立50周年記念の冠で、「日本医療再生の具体的提言」をテーマに全国から懸賞論文を公募し、高浜町国民健康保険和田診療所の医師・井階友貴氏の医療実践報告「住民-行政-医療の“和”と“輪”を拡げる理想の医療・地域づくり」が入選作に決定した。

 2014年夏、審査委員を務めた共同通信・論説委員の髙瀬髙明氏が企画し、厚労省担当・マスコミ論説・解説委員懇談会のメンバーが視察を行い、この「懸賞論文」の検証となる視察記「三位一体で育てる地域医療」が寄稿された。

(神奈川県保険医新聞2014年10月5日号より抜粋)