保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 相模原支部研究会 アナフィラキシーショックの救命対応を学ぶ

相模原支部研究会 アナフィラキシーショックの救命対応を学ぶ

20140423.jpg

 神奈川県保険医協会・相模原支部は2014年4月23日、bono相模大野サウスモールにおいて相模原支部研究会を開催した。

 講師に国立病院機構相模原病院臨床研究センター・アレルギー性疾患研究部長 海老澤元宏氏を迎え、「アナフィラキシー救急車の決断とアドレナリン筋注」をテーマに、局所麻酔や薬剤投与で起こりうるアナフィラキシーショックについて、アドレナリン筋注を含めた救命対応の解説がなされた。

(神奈川県保険医新聞2014年7月15日号より抜粋)

20140423.jpg

 神奈川県保険医協会・相模原支部は2014年4月23日、bono相模大野サウスモールにおいて相模原支部研究会を開催した。

 講師に国立病院機構相模原病院臨床研究センター・アレルギー性疾患研究部長 海老澤元宏氏を迎え、「アナフィラキシー救急車の決断とアドレナリン筋注」をテーマに、局所麻酔や薬剤投与で起こりうるアナフィラキシーショックについて、アドレナリン筋注を含めた救命対応の解説がなされた。

(神奈川県保険医新聞2014年7月15日号より抜粋)