保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 小田原地区で医療情報学習会を開催 レセ電義務化のイロハ解説 医療情報部

小田原地区で医療情報学習会を開催 レセ電義務化のイロハ解説 医療情報部

20140827.jpg

 神奈川県保険医協会・医療情報部は2014年8月27日、小田原商工会議所で医療情報学習会を開催。『義務化まであと8カ月 レセプト電子請求義務化の概要と対策』をテーマに田辺部長が講師を務め、12名が参加した。

 田辺部長は講演の中で、「電子請求とは?」という基本的事項から、「紙レセプト」での請求の道が残されている背景(レセプトオンライン請求義務化撤回訴訟の成果)など解説。また、電子請求に対応するために必要な対応とスケジュールを紹介し、余裕を持って進めるよう促した。

(神奈川県保険医新聞2014年9月5日号より抜粋)

20140827.jpg

 神奈川県保険医協会・医療情報部は2014年8月27日、小田原商工会議所で医療情報学習会を開催。『義務化まであと8カ月 レセプト電子請求義務化の概要と対策』をテーマに田辺部長が講師を務め、12名が参加した。

 田辺部長は講演の中で、「電子請求とは?」という基本的事項から、「紙レセプト」での請求の道が残されている背景(レセプトオンライン請求義務化撤回訴訟の成果)など解説。また、電子請求に対応するために必要な対応とスケジュールを紹介し、余裕を持って進めるよう促した。

(神奈川県保険医新聞2014年9月5日号より抜粋)