保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 民主党・かながわクラブ県議団との懇談  「医療規制は慎重に対応すべき」

民主党・かながわクラブ県議団との懇談  「医療規制は慎重に対応すべき」

20140717-2.jpg

 神奈川県保険医協会・政策部は2014年7月17日、民主党かながわクラブ県議団の佐藤・寺崎・作山・日下・青山・中谷各県議と懇談。

 協会から国家戦略特区への牽制、小児医療費助成制度の中卒までの対象拡大、診療報酬への消費税ゼロ税率の適用などを要望した。

 県議団は特区について医療に関する規制改革は慎重であるべきと言及。医学部新設は具体性がなく、医薬品等の安全性の担保は厚労省が重視しており、特区内においても臨床試験を行わないということはないのではないか、とした。

(神奈川県保険医新聞2014年8月25日号より抜粋)

20140717-2.jpg

 神奈川県保険医協会・政策部は2014年7月17日、民主党かながわクラブ県議団の佐藤・寺崎・作山・日下・青山・中谷各県議と懇談。

 協会から国家戦略特区への牽制、小児医療費助成制度の中卒までの対象拡大、診療報酬への消費税ゼロ税率の適用などを要望した。

 県議団は特区について医療に関する規制改革は慎重であるべきと言及。医学部新設は具体性がなく、医薬品等の安全性の担保は厚労省が重視しており、特区内においても臨床試験を行わないということはないのではないか、とした。

(神奈川県保険医新聞2014年8月25日号より抜粋)