保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 医療・介護総合法案、診療報酬改定の問題等で国会行動 医療運動部会

医療・介護総合法案、診療報酬改定の問題等で国会行動 医療運動部会

20140313.jpg 神奈川県保険医協会・医療運動部と全国保険医団体連合会(保団連)は2014年3月13日に国会行動を実施。

 医療・介護総合法案は、強引な地域完結型医療への誘導など今後の医療・介護現場に多大な影響があることから、十分な審議と今国会で採決を強行しないことを要請。診療報酬改定では、現在の専門医治療への不自由を招く危険性のある「地域包括診療加算」の問題等で、議員らの理解を求めた。

 また昼には保団連が、「徹底検証!医療・介護総合法案」をテーマに国会内集会を開催し、国会議員等も参加した。

(神奈川県保険医新聞2014年3月25日号より抜粋)

20140313.jpg 神奈川県保険医協会・医療運動部と全国保険医団体連合会(保団連)は2014年3月13日に国会行動を実施。

 医療・介護総合法案は、強引な地域完結型医療への誘導など今後の医療・介護現場に多大な影響があることから、十分な審議と今国会で採決を強行しないことを要請。診療報酬改定では、現在の専門医治療への不自由を招く危険性のある「地域包括診療加算」の問題等で、議員らの理解を求めた。

 また昼には保団連が、「徹底検証!医療・介護総合法案」をテーマに国会内集会を開催し、国会議員等も参加した。

(神奈川県保険医新聞2014年3月25日号より抜粋)