保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 「健康で1万円キャッシュバック」制度で総社市に意見書送付 医療運動部会

「健康で1万円キャッシュバック」制度で総社市に意見書送付 医療運動部会

 神奈川県保険医協会・医療運動部会は2014年3月10日、1年間保険診療を受けないことに対し1万円をキャッシュバックしている総社市(岡山県)に対し、意見書を送付した。意見書では、「1万円キャッシュバック」のために適切な受診を控え、疾病の重症化につながる危険性を指摘。市民の健康と財政面の改善を目的とするならば、医療にかかりやすい環境を整備し、疾病の早期発見・早期治療による疾病の重症化で医療費の高額化も防止できると強調した。

 総社市では今年度より、「生活習慣病の重症化を防ぎ、市民生活の質を維持する」、「医療費の高額化を防ぐ」ことを目的に、(1)1年間保険診療を未受診、(2)特定健診を受けている、(3)保険税を完納―の全てを満たした国保世帯に、1万円をキャッシュバックする制度を実施している。

(神奈川県保険医新聞2014年3月25日号より抜粋)

 神奈川県保険医協会・医療運動部会は2014年3月10日、1年間保険診療を受けないことに対し1万円をキャッシュバックしている総社市(岡山県)に対し、意見書を送付した。意見書では、「1万円キャッシュバック」のために適切な受診を控え、疾病の重症化につながる危険性を指摘。市民の健康と財政面の改善を目的とするならば、医療にかかりやすい環境を整備し、疾病の早期発見・早期治療による疾病の重症化で医療費の高額化も防止できると強調した。

 総社市では今年度より、「生活習慣病の重症化を防ぎ、市民生活の質を維持する」、「医療費の高額化を防ぐ」ことを目的に、(1)1年間保険診療を未受診、(2)特定健診を受けている、(3)保険税を完納―の全てを満たした国保世帯に、1万円をキャッシュバックする制度を実施している。

(神奈川県保険医新聞2014年3月25日号より抜粋)