保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 「認知症患者さんへの対応方法」と題し研究会を開催 相模原支部

「認知症患者さんへの対応方法」と題し研究会を開催 相模原支部

 神奈川県保険医協会・相模原支部は2013年9月11日、「認知症患者さんへの対応方法」と題した研究会を開催し14名が参加。講師は相模原市認知症疾患医療センター長(北里大准教授)の高橋恵氏が務めた。

 認知症のBPSD(認知症の行動・心理症状)について、興奮、暴力、睡眠障害、活動性低下等への対応方法を解説し、患者の感情に焦点を当てたケアが大切であると説いた。

 神奈川県保険医協会・相模原支部は2013年9月11日、「認知症患者さんへの対応方法」と題した研究会を開催し14名が参加。講師は相模原市認知症疾患医療センター長(北里大准教授)の高橋恵氏が務めた。

 認知症のBPSD(認知症の行動・心理症状)について、興奮、暴力、睡眠障害、活動性低下等への対応方法を解説し、患者の感情に焦点を当てたケアが大切であると説いた。