保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 「クレームがこじれた時の対応方法」テーマに研究会 相模原支部

「クレームがこじれた時の対応方法」テーマに研究会 相模原支部

20130227.jpg 神奈川県保険医協会・相模原支部は2013年2月27日、ウェルネスさがみはらで「クレームがこじれて紛争になった時どうするか」をテーマに支部研究会を開催、18名が参加した。

 講演では患者クレームがこじれて後日紛争になったり、カルテの保全請求や訴訟に発展してしまった場合の対応について、具体的な事例を紹介しながらポイントを解説した。

(神奈川県保険医新聞2013年7月15日号より抜粋)

20130227.jpg 神奈川県保険医協会・相模原支部は2013年2月27日、ウェルネスさがみはらで「クレームがこじれて紛争になった時どうするか」をテーマに支部研究会を開催、18名が参加した。

 講演では患者クレームがこじれて後日紛争になったり、カルテの保全請求や訴訟に発展してしまった場合の対応について、具体的な事例を紹介しながらポイントを解説した。

(神奈川県保険医新聞2013年7月15日号より抜粋)