保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 県こども連絡会 県単事業の継続求め請願 神奈川臨調署名は32,951筆に

県こども連絡会 県単事業の継続求め請願 神奈川臨調署名は32,951筆に

 神奈川県子どもの医療費無料化を求める連絡会(県子ども連絡会、代表:藤田倫成神奈川県保険医協会理事)は2013年3月18日、県社保協、障害者連絡会とともに、県保健福祉局に対して「県民のいのちと暮らしをまもる県単独事業の継続を求める請願署名」5,095筆を提出。これまでの合計提出数は32,951筆となった。

 今回は県側との懇談は実現せず、署名の提出のみとなった。県子ども連絡会は今後も県に対する働きかけを強めていく。

(神奈川県保険医新聞2013年4月15日号より抜粋)

 

 

 神奈川県子どもの医療費無料化を求める連絡会(県子ども連絡会、代表:藤田倫成神奈川県保険医協会理事)は2013年3月18日、県社保協、障害者連絡会とともに、県保健福祉局に対して「県民のいのちと暮らしをまもる県単独事業の継続を求める請願署名」5,095筆を提出。これまでの合計提出数は32,951筆となった。

 今回は県側との懇談は実現せず、署名の提出のみとなった。県子ども連絡会は今後も県に対する働きかけを強めていく。

(神奈川県保険医新聞2013年4月15日号より抜粋)