保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > TPP参加阻止、民間版「健康保険」問題などで 青柳、金子、田村各議員と懇談

TPP参加阻止、民間版「健康保険」問題などで 青柳、金子、田村各議員と懇談

20130404.jpg

 神奈川県保険医協会は2013年4月4日、TPP参加や共通番号制の阻止、民間版「健康保険」の問題を中心に、県内選出議員に要請行動を実施。当日は青柳陽一郎(衆・みんな)、金子洋一(参・民主)、田村智子(参・共産)各議員と懇談。

 青柳議員は、TPPは「多国間協議のため米国の要求が全て通ることはない」、「ルール作りに参加しない選択肢はない」とし、協会の主張とは平行線をたどった。金子議員もTPPや番号制は必要としながら、「皆保険が守れないなら離脱もあり得る」、「情報漏えい防止には更なる配慮が必要」とした。田村議員とはTPPや番号制にとどまらず、重い窓口負担による患者の受診変化や、米国保険会社の煩雑な診断書の問題など、広く意見交換した。

(神奈川県保険医新聞2013年4月25日号より抜粋)

20130404.jpg

 神奈川県保険医協会は2013年4月4日、TPP参加や共通番号制の阻止、民間版「健康保険」の問題を中心に、県内選出議員に要請行動を実施。当日は青柳陽一郎(衆・みんな)、金子洋一(参・民主)、田村智子(参・共産)各議員と懇談。

 青柳議員は、TPPは「多国間協議のため米国の要求が全て通ることはない」、「ルール作りに参加しない選択肢はない」とし、協会の主張とは平行線をたどった。金子議員もTPPや番号制は必要としながら、「皆保険が守れないなら離脱もあり得る」、「情報漏えい防止には更なる配慮が必要」とした。田村議員とはTPPや番号制にとどまらず、重い窓口負担による患者の受診変化や、米国保険会社の煩雑な診断書の問題など、広く意見交換した。

(神奈川県保険医新聞2013年4月25日号より抜粋)