保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 知事の横暴に現場は憤怒 看護職員不足に拍車 会員からは不満続出

知事の横暴に現場は憤怒 看護職員不足に拍車 会員からは不満続出

 准看養成廃止の問題について、知事の横暴な手法への怒りや看護職員不足に拍車がかかる懸念など、医療現場からは早くも批判の声が上がっている。

 神奈川県保険医協会は2012年12月20日、会員への問題周知と准看廃止の「合意」の是非を問うFAXを全会員に送付。会員からは「不満」の声が続々と寄せられた。

(神奈川県保険医新聞2013年1月25日号より抜粋)

 准看養成廃止の問題について、知事の横暴な手法への怒りや看護職員不足に拍車がかかる懸念など、医療現場からは早くも批判の声が上がっている。

 神奈川県保険医協会は2012年12月20日、会員への問題周知と准看廃止の「合意」の是非を問うFAXを全会員に送付。会員からは「不満」の声が続々と寄せられた。

(神奈川県保険医新聞2013年1月25日号より抜粋)