保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 新規個別指導の不安を払拭 歯科会員懇談会

新規個別指導の不安を払拭 歯科会員懇談会

20121109.jpg 2012年11月9日、神奈川県保険医協会・歯科部会は会員懇談会を開催し20名が参加した(うち4名入会)。会では川崎市開業の中島氏が「開業から歯科新規個別指導まで」をテーマに指導までの流れを、その後、今年新規個別指導を無事終えた歯科会員2名をシンポジストに「新規個別指導体験談」をテーマにシンポジウムを開催した。
 参加者との意見交換では「保険診療から自由診療へ移行した際、カルテ記載はどうすれば良いのか」「患者が来なくなってしまった際、カルテ一号用紙の『転帰欄』記載はどうすれば良いのか」など指導前準備に対する不安の声が寄せられた。

(神奈川県保険医新聞2012年11月25日号より抜粋)

20121109.jpg 2012年11月9日、神奈川県保険医協会・歯科部会は会員懇談会を開催し20名が参加した(うち4名入会)。会では川崎市開業の中島氏が「開業から歯科新規個別指導まで」をテーマに指導までの流れを、その後、今年新規個別指導を無事終えた歯科会員2名をシンポジストに「新規個別指導体験談」をテーマにシンポジウムを開催した。
 参加者との意見交換では「保険診療から自由診療へ移行した際、カルテ記載はどうすれば良いのか」「患者が来なくなってしまった際、カルテ一号用紙の『転帰欄』記載はどうすれば良いのか」など指導前準備に対する不安の声が寄せられた。

(神奈川県保険医新聞2012年11月25日号より抜粋)