保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 調剤レセとの突合審査の動向を説明 横須賀支部研究会を開催

調剤レセとの突合審査の動向を説明 横須賀支部研究会を開催

20120925.jpg 神奈川県保険医協会・横須賀支部は2012年9月25日、横須賀産業交流プラザにおいて支部研究会を開催。「どう変わった?薬局から見た処方箋突合点検の動向」をテーマに金沢三師会副会長で薬剤師の堀川壽代氏が講師を務めた。当日は17名が参加した。

 堀川氏は今年2月診療分から医科・歯科レセと調剤レセとの突合点検スタートによる査定など審査の動向について詳細に報告した。

(神奈川県保険医新聞2012年10月15日号より抜粋)

20120925.jpg 神奈川県保険医協会・横須賀支部は2012年9月25日、横須賀産業交流プラザにおいて支部研究会を開催。「どう変わった?薬局から見た処方箋突合点検の動向」をテーマに金沢三師会副会長で薬剤師の堀川壽代氏が講師を務めた。当日は17名が参加した。

 堀川氏は今年2月診療分から医科・歯科レセと調剤レセとの突合点検スタートによる査定など審査の動向について詳細に報告した。

(神奈川県保険医新聞2012年10月15日号より抜粋)