保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 3.11直後のフクシマをテーマに学習会を開催

3.11直後のフクシマをテーマに学習会を開催

20120714.jpg 神奈川県保険医協会と核戦争防止神奈川県医師の会反核医師の会)は、2012年7月14日、講師にフリージャーナリストの綿井健陽氏を迎え、「メディアが伝えないフクシマ。―カメラで捉えた原発作業員と警戒区域―」をテーマに約2時間の原発学習会を開催。当日は市民、ジャーナリストなど40名が参加した。

 綿井氏は3月11日の震災による原発事故直後の福島原発に向かう様子を記録した映像を示し、映し出された状況を解説しながら講演。映像からは、現場に向かうメンバーの緊張や、当局から規制線が張られる前の事故直後の双葉町の様相、原発作業員の方の取材を通し、心境の変化なども伝えられた。

(神奈川県保険医新聞2012年8月25日号より抜粋)

20120714.jpg 神奈川県保険医協会と核戦争防止神奈川県医師の会反核医師の会)は、2012年7月14日、講師にフリージャーナリストの綿井健陽氏を迎え、「メディアが伝えないフクシマ。―カメラで捉えた原発作業員と警戒区域―」をテーマに約2時間の原発学習会を開催。当日は市民、ジャーナリストなど40名が参加した。

 綿井氏は3月11日の震災による原発事故直後の福島原発に向かう様子を記録した映像を示し、映し出された状況を解説しながら講演。映像からは、現場に向かうメンバーの緊張や、当局から規制線が張られる前の事故直後の双葉町の様相、原発作業員の方の取材を通し、心境の変化なども伝えられた。

(神奈川県保険医新聞2012年8月25日号より抜粋)