保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 「消費税大増税NO!」5,000人超が野音に集結 消費増税ストップ・国民集会

「消費税大増税NO!」5,000人超が野音に集結 消費増税ストップ・国民集会

20120412.jpg 神奈川県保険医協会は2012年4月12日、日比谷野外音楽堂で開催された「消費税大増税ストップ4・12国民集会」に参加。汗ばむ気候の中、全国から5千人超が集まった。

 集会では主に、それぞれの立場から消費増税反対の訴えが行われ、呼びかけ人でもジャーナリスト・斉藤貴男氏は、「消費税は所得の低く弱い人ほど負担する、不公平な税制」と批判。被災者にも負担を強いる税制は、即刻廃止すべきとした。年金生活者からは「1,300万人が月額10万円以下で細々と暮らす。消費増税は高齢者の生活を確実に破壊する」と訴えた。原発事故で強制避難している男性は、田畑は荒れ果ててもう食物は作れない。TPP参加と消費増税となれば、被災地はじめ日本の農業はつぶれる。「これからどう生活すればよいのか」と、将来への悲観、生活不安を滲ませた。

 集会後は財務省、国会の前で「消費税大増税NO!」の大合唱し、国会請願を実施。安住財務大臣とも懇談し、消費増税反対を強く訴えた。

(神奈川県保険医新聞2012年5月5・15日号より抜粋)

20120412.jpg 神奈川県保険医協会は2012年4月12日、日比谷野外音楽堂で開催された「消費税大増税ストップ4・12国民集会」に参加。汗ばむ気候の中、全国から5千人超が集まった。

 集会では主に、それぞれの立場から消費増税反対の訴えが行われ、呼びかけ人でもジャーナリスト・斉藤貴男氏は、「消費税は所得の低く弱い人ほど負担する、不公平な税制」と批判。被災者にも負担を強いる税制は、即刻廃止すべきとした。年金生活者からは「1,300万人が月額10万円以下で細々と暮らす。消費増税は高齢者の生活を確実に破壊する」と訴えた。原発事故で強制避難している男性は、田畑は荒れ果ててもう食物は作れない。TPP参加と消費増税となれば、被災地はじめ日本の農業はつぶれる。「これからどう生活すればよいのか」と、将来への悲観、生活不安を滲ませた。

 集会後は財務省、国会の前で「消費税大増税NO!」の大合唱し、国会請願を実施。安住財務大臣とも懇談し、消費増税反対を強く訴えた。

(神奈川県保険医新聞2012年5月5・15日号より抜粋)