保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 第500回月例研究会 「心血管イベント発症阻止を見据えた血糖と血圧の管理について」をテーマに開催

第500回月例研究会 「心血管イベント発症阻止を見据えた血糖と血圧の管理について」をテーマに開催

20111117.JPG 神奈川県保険医協会・研究部は2011年11月17日、「第500回月例研究会」を開催し、112名が参加した。 

 第500回のメインテーマを、「健やかな血管を目指して〜進行している血管病を見逃していませんか?」とし、基調講演では「心血管イベント発症阻止を見据えた血糖と血圧の管理について」をテーマに、東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 准教授 森 豊氏が講演。 

 シンポジウムでは、「実地医家は血管をどのように診るのか」をテーマに、各シンポジストが、循環器内科、糖尿病内科、神経内科、高血圧内科などそれぞれの立場から、症例を用いながらその特徴や、治療方法などについてレクチャーおよび総合討論を行った。

 参加者からは、生活習慣病と血管病変の関係について理解を深められたなどの意見が多数寄せられた。

(神奈川県保険医新聞2011年12月15日号より抜粋)

20111117.JPG 神奈川県保険医協会・研究部は2011年11月17日、「第500回月例研究会」を開催し、112名が参加した。 

 第500回のメインテーマを、「健やかな血管を目指して〜進行している血管病を見逃していませんか?」とし、基調講演では「心血管イベント発症阻止を見据えた血糖と血圧の管理について」をテーマに、東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 准教授 森 豊氏が講演。 

 シンポジウムでは、「実地医家は血管をどのように診るのか」をテーマに、各シンポジストが、循環器内科、糖尿病内科、神経内科、高血圧内科などそれぞれの立場から、症例を用いながらその特徴や、治療方法などについてレクチャーおよび総合討論を行った。

 参加者からは、生活習慣病と血管病変の関係について理解を深められたなどの意見が多数寄せられた。

(神奈川県保険医新聞2011年12月15日号より抜粋)