保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 魚類実態調査 横須賀で15匹の骨曲がり

魚類実態調査 横須賀で15匹の骨曲がり

20111103 (2).JPG 神奈川県保険医協会・公害環境対策部は2011年11月3日、魚類実態調査を実施。横須賀長浦湾でマハゼ39匹、横須賀ヴェルニー公園で40匹、鶴見河口で7匹を採取した。

 汐田総合病院で実施したX線、マンモグラフィ検査では、長浦湾で採取した検体からは骨曲がりが10匹、ヴェルニー公園で採取した検体からは5匹が確認された。昨年まではヴェルニー公園で採取した検体に比べ、長浦湾で採取した検体の方が骨曲がりが少なかったが、今年は結果が逆であり、さらに長浦湾で採取した検体の多くに貧血症状が見られた。

(神奈川県保険医新聞2011年11月25日号より抜粋)

20111103 (2).JPG 神奈川県保険医協会・公害環境対策部は2011年11月3日、魚類実態調査を実施。横須賀長浦湾でマハゼ39匹、横須賀ヴェルニー公園で40匹、鶴見河口で7匹を採取した。

 汐田総合病院で実施したX線、マンモグラフィ検査では、長浦湾で採取した検体からは骨曲がりが10匹、ヴェルニー公園で採取した検体からは5匹が確認された。昨年まではヴェルニー公園で採取した検体に比べ、長浦湾で採取した検体の方が骨曲がりが少なかったが、今年は結果が逆であり、さらに長浦湾で採取した検体の多くに貧血症状が見られた。

(神奈川県保険医新聞2011年11月25日号より抜粋)