保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 横須賀港の地図をもとに歴史裏話を講演 横須賀支部

横須賀港の地図をもとに歴史裏話を講演 横須賀支部

 神奈川県保険医協会・横須賀支部は2011年8月2日、「幕末秘話―横須賀の歴史舞台裏」20110802.JPGをテーマに横須賀支部研究会を開催。横須賀市開国史研究会会長の山本詔一氏が講演した。当日は会員、従業員など21名が参加した。

  山本氏は、明治18年の横須賀港の地図を資料に説明。フランス人医師が梅毒撲滅のために遊廓の健康管理や梅毒病院の設立に携わったことなど紹介した。

(神奈川県保険医新聞2011年8月25日号より抜粋)

 神奈川県保険医協会・横須賀支部は2011年8月2日、「幕末秘話―横須賀の歴史舞台裏」20110802.JPGをテーマに横須賀支部研究会を開催。横須賀市開国史研究会会長の山本詔一氏が講演した。当日は会員、従業員など21名が参加した。

  山本氏は、明治18年の横須賀港の地図を資料に説明。フランス人医師が梅毒撲滅のために遊廓の健康管理や梅毒病院の設立に携わったことなど紹介した。

(神奈川県保険医新聞2011年8月25日号より抜粋)