保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 医療保険の実相と産業界を抉って 鎌倉市医師会と政策懇談 社会保障像の確立も課題

医療保険の実相と産業界を抉って 鎌倉市医師会と政策懇談 社会保障像の確立も課題

20110203-1.JPG 神奈川県保険医協会は2011年2月3日、医療政策提言の懇談の第二弾を鎌倉市医師会と行った。懇談では医師会より北欧型社会の検証と社会保障像の確立や、在宅医療推奨の陰にある過重な家族負担と問われる家族の覚悟、医局崩壊による医師派遣機能の不在、医療保険一本化に向けた各医療保険間の不公平の解消、定数制・定年制の弊害など多岐にわたり問題提起がなされた。また政策提言の医師会員配布も言及された。

(神奈川県保険医新聞2011年3月5日号より抜粋)

20110203-1.JPG 神奈川県保険医協会は2011年2月3日、医療政策提言の懇談の第二弾を鎌倉市医師会と行った。懇談では医師会より北欧型社会の検証と社会保障像の確立や、在宅医療推奨の陰にある過重な家族負担と問われる家族の覚悟、医局崩壊による医師派遣機能の不在、医療保険一本化に向けた各医療保険間の不公平の解消、定数制・定年制の弊害など多岐にわたり問題提起がなされた。また政策提言の医師会員配布も言及された。

(神奈川県保険医新聞2011年3月5日号より抜粋)