保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 政策提言で川崎市医師会と現状打開へ議論

政策提言で川崎市医師会と現状打開へ議論

20110201-1.JPG 神奈川県協会は2011年2月1日、「医療政策提言」に関し川崎市医師会と懇談。懇談では医師会より、医師養成の課題、医学部定員増の限度、医療費規財源と負担の覚悟、医療界の自浄作用システム構築、医療保険一本化における保険者設定と企業拠出の論拠整理など新たな政策的視点、課題が寄せられ高い問題意識の下、白熱した討論が展開された。 

 

神奈川県保険医新聞より抜粋

(2011年2月25日号・第1817号)

 

   

20110201-1.JPG 神奈川県協会は2011年2月1日、「医療政策提言」に関し川崎市医師会と懇談。懇談では医師会より、医師養成の課題、医学部定員増の限度、医療費規財源と負担の覚悟、医療界の自浄作用システム構築、医療保険一本化における保険者設定と企業拠出の論拠整理など新たな政策的視点、課題が寄せられ高い問題意識の下、白熱した討論が展開された。 

 

神奈川県保険医新聞より抜粋

(2011年2月25日号・第1817号)