保険医の生活と権利を守り、国民医療の
向上をめざす

神奈川県保険医協会とは

開業医の保険医の生活と権利を守り、
国民の健康と医療の向上を目指す

TOP > 神奈川県保険医協会とは > 保険医協会活動ニュース > 正しい知識と日々の工夫でメンタルケアを 経営研究会

正しい知識と日々の工夫でメンタルケアを 経営研究会

20220301mentaru.jpg 税対経営部は3月1日、経営研究会「コロナ禍における開業医に必要なメンタルヘルス」をWEBにて開催。講師は長谷川診療所院長の長谷川洋氏が務め、当日は50名が参加した。

 氏は、ストレス予防のためにはうつ病を知ることも重要と指摘。うつ病の症状として、日本人は米国人と比べ、睡眠障害などの身体的な症状が表れるケースが多いという調査結果を引きつつ、服薬を通して体を休める状態にすることも重要とした。また、孤立感はストレスに繋がるため、コロナ禍ではあるものの可能な限り周囲とコミュニケ―ションをとり、人と繋がることが大切とした。

(神奈川県保険医新聞2022年4月5日号より抜粋)

20220301mentaru.jpg 税対経営部は3月1日、経営研究会「コロナ禍における開業医に必要なメンタルヘルス」をWEBにて開催。講師は長谷川診療所院長の長谷川洋氏が務め、当日は50名が参加した。

 氏は、ストレス予防のためにはうつ病を知ることも重要と指摘。うつ病の症状として、日本人は米国人と比べ、睡眠障害などの身体的な症状が表れるケースが多いという調査結果を引きつつ、服薬を通して体を休める状態にすることも重要とした。また、孤立感はストレスに繋がるため、コロナ禍ではあるものの可能な限り周囲とコミュニケ―ションをとり、人と繋がることが大切とした。

(神奈川県保険医新聞2022年4月5日号より抜粋)